姉とかどわきへ行きました

久しぶりに私の姉と再会した時に夜御飯を食べようと思い、インターネットで調べてみると私と姉が居る麻布十番からかなり近い料亭があったので、その料亭のかどわきへ行ってきました。
建物は食通のみが集うような隠れ屋のようで、接待や会食にはピッタリのお店だと感じます。
店内はしっとりとした雰囲気であり、まずはお酒を姉と飲んで舌鼓を打ちました。
麻布十番のかどわきは和の心でもてなしてくれるお店なので、大人の方ならこちらのお店で幸せな一時を過ごせると思いますし、姉との食事だけでなく特別な記念日を祝う時に利用するのも良いですね。
まず、飯蛸と筍の木ノ芽和えを食べてみましたが、蛸の味がしっかりと染みていて筍は甘くて歯応えがありましたし、季節を感じさせる逸品だと思いました。
次に桜海老と筍の飯蒸し桜葉添えを食べましたが、この料理は彩りがかなり鮮やかだと思いましたし、桜海老を食べた時の歯応えや口いっぱいに美味しい風味が広がる感じは最高です。
桜の葉によって香りが爽やかになっていると思いますし、料理は香ばしくて美味しかったです。
麻布十番のかどわきはお店の雰囲気が大人で料理は独創的で美味しかったので、また姉と食べに行きたいと思います。