不動産担保ローンのおかげで夢のマイホームが実現

現在建築中の我が家は、その予算の一部を不動産担保ローンを利用することで調達しました。
ある程度の頭金も用意しましたが、実家からの申し出によって、今回利用する運びとなりました。
担保として使わせてもらったのは、現在空き地として放置した状態の土地でした。
不動産投資に利用しようかと考えていたその土地を担保に借りることで、我が家の建築計画はようやく出航となったのです。
利用している不動産担保ローンは、使い道に制限が設けられていません。
更に不動産を担保にしていることで金利も低く設定されていますし、私の資産状況という信用度とプラスして借り入れができるので、限度額もかなり高く設定できます。
もちろん必要な金額だけを借りることとなるのですが、ここで私が考えなければならないことは、確実に返済していくだけでなく、早く父の不動産を担保という状況から戻してあげることです。
そこで返済のプランについては、返済シミュレーションで算出された情報を基に、ギリギリのラインでの返済を決めました。
父は無理する必要はないと言ってくれますが、そこは一人の大人として、出来るだけ早く、多少でも心配に思っているであろうことを解消してあげたいと思いました。