情報管理に使える暗号化ソフトの活用について

企業における情報の必要性は今に始まったことではありませんが、PCに保存していたファイルが流出して、思わぬ事件が起こることがあります。
毎日の新聞の報道においても、個人情報が流出した、企業や自治体等の機密情報が外部に漏れたといった報道が後を絶ちません。
それだけ情報の価値は、現代社会では高まっているのも事実です。
そういった時代にあっては、情報をデータとして記載しているファイルの管理を徹底することが必要です。
そんな時に必要なツールには、暗号化ソフトです。
その中でも「FinalCode」はオススメの暗号化ソフトの一つです。
特徴としては、ファイルにはパスワードがなく簡単にファイルの暗号化を実現出来ること、その作成者が許可した人しか開封できないことです。
これによって、真にファイルを必要としている人だけに安心して渡すことが出来ます。
なおその他の特徴としては、必要がなくなったら渡したファイルを遠隔によって後から削除できることです。
しかも手元を離れてしまったファイルのアクセス履歴を見ることが出来たり、ネット上のクラウドによるため導入しやすく管理しやすい点があります。
確かに以前の仕組みであると情報を記載したファイルが出回ると後からそれを制御することが出来ないことで、どうしても渡した人達に情報が残ってしまうのが欠点でした。
そのため、迂闊にファイルを渡すことが出来ませんでした。
ところが「FinalCode」を活用すれば情報を後から管理することが可能であるため、新聞でも報道されているようなデータ流出、改竄等の事件を未然に防げたりすることが出来ます。
以上のように「FinalCode」は、画期的な暗号化ソフトです。
ファイル暗号化・追跡ソリューション FinalCode(暗号化ソフト)