かつて幸福実現党の党首であったあえば直道氏

日本で国政選挙が行われているたびに、多くの候補者を出している幸福実現党はご存知でしょう。
現在、国会議員は一人もいませんが、市区町村議会には6人の議員が存在し、これからも党勢をのばしていく勢いです。
その幸福実現党の党首をされていたのがあえば直道氏です。
幸福実現党の党首をされていた期間は2週間ほどで、その後広報本部長に、さらに4年後には広報本部長から調査局長に転任されています。
このあえば直道氏とは、いったいどんな人物なのでしょうか。
出身は神奈川県横浜市で生粋の浜っ子です。
慶應義塾大学法学部法律学科を卒業し、その後単身渡米した俊英です。
2012年、日本人で初めて米共和党全米委員会の顧問、アジア担当に就任されたことで知名度が上がりました。
その後、一般社団法人JCUの専務理事に就任し、2012年に共和党と関係を結んで以来、これまでずっとアメリカ共和党とのパイプライン役を務めています。
共和党が党勢を強めている今、日本にとってなくてはならない人物でしょう。