胃の内視鏡検査は千葉中央クリニックで

かつては胃カメラの検査というと、カメラを胃に到達させるまでが苦しくて仕方なく、もっとも受けたくない検査の筆頭に挙げられたものです。
けれども、今は医療機器も医療技術も格段に進歩しています。
その中でも、特に優れた内視鏡検査を実施しているのが、千葉県にある千葉中央クリニックです。
医療機器が進化し、カメラそのものが細くなっているにもかかわらず、やはりまだ検査で苦しい思いをしたという人は少なくありません。
そんな苦い経験をした人にこそもう一度受けてみてほしいと、千葉中央クリニックは伝えています。
それだけ、苦しくない検査に自信があるということでしょう。
胃カメラの検査を受けるにあたっての流れがホームページに紹介されていますが、実に綿密に検査の流れが記載されていますので、手順が非常によくわかります。
もっとも心配なのどを通るときの不快感と苦痛ですが、これは咽喉麻酔を行うことで解消します。
咽喉部分に麻酔をかけるゼリーがあり、これを口に含むだけでよいのです。
胃カメラ検査をするにあたって咽喉の麻酔は必ず行われますが、クリニックによっては液体を咽喉の部分に溜め、30分ほどそのままにしておかなければならないという方法を採っているところもあります。
その点でいえば千葉中央クリニックはゼリーを口に入れて5分でいいので、前段階の準備もやさしい方法が採られているといえます。http://si2.jp/services/gastroscopy.html